セミナー詳細

セミナー名 【行政管理講座】 
新任担当者のための財政基礎実務

〜地方自治体の財政運営の基本と財政健全化への対応〜
開催日時 2021年 10月26日(火) 13:00〜17:00
2021年 10月27日(水) 9:30〜16:30
講師 NOMA専任コンサルタント (元)足立区教育委員会 教育長 定野 司 氏
会員参加料(税込) 31,900円
一般参加料(税込) 35,200円
ねらい ※こちらは「オンライン中継」用のお申込みページです。
 会場参加をご希望の方は下記より詳細をご確認ください。

 


*☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*::;;;:*☆*☆*:;;;:*☆**
 少子高齢化社会の進展や各種社会資本の老朽化が深刻化する中で、地方自治体は地域の実情に即した一層効果的な施策展開を図り、財政のさらなる健全化に務めていかなければなりません。
 そこで今回は、主として実務経験の浅い方を対象に、地方財政制度の基礎を学ぶとともに、現在の地方財政の現状・課題を整理し、今後のあり方について考える本講座を開催いたします。
*☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*::;;;:*☆*☆*:;;;:*☆**
プログラム内容 1.現場から学ぶ!持続可能な自治体運営
 (1)財政担当の仕事とは何か
 (2)財政担当に必要な3つの力
 (3)地方財政の現状
 (4)地方財政の機能と役割
 (5)地方財政計画と地方交付税制度
 (6)財務分析と財務諸表
 (7)決算から始まる財政課の仕事

2.予算編成の基礎
 (1)財政運営と予算編成の基本原則
 (2)予算の7つの原則
 (3)予算の7つの原則と例外
 (4)予算編成の流れと執行管理

3.自治体財政の7つの課題とヒント

4.コスト分析から始まる行政改革の実践
 (1)現場の知恵を活かす〜包括予算制度
 (2)目標と成果が見える〜行政評価制度
 (3)予算のマネジメントサイクル
 (4)実践例〜既定概念を捨てる
 (5)実践例〜目標を定める
 (6)やりがいを生きがいに変える〜複線型人事制度
5.新しい公共とアウトソーシング

6.知っておきたい財政担当の仕事術

講師プロフィール 講師紹介  定野 司(さだの・つかさ) 氏

元足立区教育長。埼玉大学工学部卒。1979年、足立区に入区。財政課長時代の2002年に導入した「包括予算制度」が経済財政諮問会議の視察を受け注目を浴びる。以来、一貫して予算制度改革やコスト分析による行政改革を実践。環境部長時代の2008年から自治体の事業仕分けに参加。総務部長時代の2012年、多くの自治体と共同して新しい外部化の手法を検討する「日本公共サービス研究会」の設立、運営に携わるなど、自治体間の垣根を越えて持続可能な自治体運営に取り組む。2015年から2期6年、教育長を務め退任。その後も全国各地で講義、講演活動を行っている。近著に「図解よくわかる自治体予算のしくみ」「みるみる仕事が片づく!公務員の時間術」「一番やさしい自治体予算の本」「自治体の財政担当になったら読む本」「マンガでわかる自治体予算のリアル」「合意を生み出す!公務員の調整術」など。

対象 地方自治体の財政・総務・経営企画・会計部門等の新任責任者、新任担当者の方々
会場 オンライン(Zoom)
会場電話番号 092-431-3365
問合せ先 行政管理講座担当
担当者 入山
E-Mail kyu-semi@noma.or.jp
電話番号 092-431-3365
FAX番号 092-431-3367
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み