セミナー詳細

セミナー名 よくわかる物流コスト改善の実務
開催日時 2019年10月28日(月)10:00〜17:00
講師 物流・貿易研究所 代表
通関士、三級海技士(航海)、ジェトロ認定貿易アドバイザー
木村 徹

会員参加料(税込) 33,000円
一般参加料(税込) 40,700円
他参加料 ■早割・複割について【最大4,400円(税込)割引】
・早割(早期申込割引)
お申込みされた講座のうち、開催日がお申込み日より2ヵ月以上先の講座について参加料を1講座1名あたり2,200円(税込)割引させていただきます。
・複割(複数申込割引)
複数名のお申込みで、参加料を1名あたり2,200円(税込)割引いたします。(ただし、同時にお申込みの場合に限ります)
・2019年10月1日からの消費税引き上げを前提としております。
ねらい  最近の傾向として、物流料金の値上げが進んでいることから、経営や物流に携わる方の多くは「物流コストを如何に削減するか」に悩んでいます。
 コスト削減で真っ先に思いつくのは物流パートナーとの料金交渉ですが、料金値下げにも限界があります。また、値下げ依頼ばかりしていては、物流パートナーとの関係悪化という問題も起こりかねません。
 本講座では「物流コストの仕組み」「コスト改善策」について詳解し、“運用方法の改善”により物流を根本的に変えることが出来る人材を育成します。
プログラム内容 1.物流コスト
 ⑴ 物流料金と物流コストの実態
 ⑵ 他社が行っている物流コスト削減策
 ⑶ 物流コスト削減
 ⑷ 調達物流とコスト

2.物流コストと物流データ
 ⑴ 物流コストの種類と分類
 ⑵ 物流データの種類
 ⑶ 物流ABC
 ⑷ 物流改善のステップ

3.輸送と配送
 ⑴ 輸配送の改善
 ⑵ 輸配送データの把握
 ⑶ 運行効率調査
 ⑷ 運送コスト上昇要因
 ⑸ 輸送コスト改善方法

4.物流施設と荷役作業の改善
 ⑴ 保管コスト・荷役コストの見直し
 ⑵ 物流拠点設計手法
 ⑶ 物流施設の選定基準
 ⑷ 物流施設の価格相場と保管料の計算方法
 ⑸ 庫内ロケーション管理と出庫作業改善
 ⑹ 物流センター業務の改善
 ⑺【演習】物流効率化

5.在庫と在庫管理手法
 ⑴ 在庫と在庫管理
 ⑵ 在庫によるリスク
 ⑶ 在庫管理
 ⑷ 在庫回転率と交差比率
 ⑸ 発注方式
 ⑹ 経済的発注量の計算

6.マテハン機器と物流情報システム
 ⑴ マテハン機器の導入
 ⑵ 物流システムの導入
 ⑶ WMSとTMS

7.梱包改善
 ⑴ 包装と梱包の改善
 ⑵ SNPの改善

8.物流コスト見積りと物流業者選定
 ⑴ 物流コスト見積りと物流業者の見直し
 ⑵ 物流料金体系
 ⑶ RFP/RFQに記載する内容
 ⑷ これからの物流のあり方

※最新の動向・情報を織り込むため、内容を一部変更させていただく場合がございます。

講師プロフィール 物流・貿易研究所 代表
通関士、三級海技士(航海)、ジェトロ認定貿易アドバイザー
木村 徹


 大手倉庫会社での通関・国際物流営業・海外引越等の経験、米国系メーカーでのロジスティクスの経験、 欧州系物流企業でのサプライ・チェーン・マネージメントの経験を生かし、日本関税協会、大手商社、JETRO(日本貿易振興機構)、JILS(日本ロジスティクスシステム協会)、大学等で物流・貿易・通関に関する講演や講義で活躍のほか、物流と貿易のコンサルタントとして活動中。


≪主な著書≫----------
「いますぐ現場で役立つ物流実務のノウハウ」(2012年4月刊/秀和システム社)
「速習!重要事項35でマスターする貿易実務」(2012年12月刊/秀和システム社)
「2時間で丸わかり 物流の基本を学ぶ」(2014年11月刊/かんき出版)
「物流実務の基本と仕組みがよ〜くわかる本」(2019年3月刊/秀和システム社)

対象 物流マネジメントに関わる方々
経営企画・製造・商品管理部門の方々
物流コスト改善を検討されている方々
会場 日本経営協会 東京本部
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 03-3403-1972
会場FAX番号 03-3403-8417
担当者 緒方 晋也
E-Mail tms@noma.or.jp
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み