セミナー詳細

セミナー名 行政管理オンライン講座(オンライン専用)

戸籍実務の基本と窓口対応事例検討講座
開催日時 2022年8月18日(木)10:00〜17:00
2022年8月19日(金)10:00〜15:00
講師 (元)和歌山市 市民課 戸籍担当 山下 敦子氏
会員参加料(税込) 31,900円
一般参加料(税込) 35,200円
ねらい 戸籍実務に従事して1〜2年程度の比較的経験の浅い職員の皆様を主な対象として、戸籍実務の
基本について、経験に基づく豊富な窓口対応事例を交えて分かりやすく解説いたします。
プログラム内容 プロローグ 
1 不安がいつか自信に(戸籍の勉強はどうしたらいいの?)
2 法律の木(戸籍の法律の仕組みを知る)

〜導入〜
第1 民法上の氏と呼称上の氏

〜各論と事例研究〜
第2 出生・認知
 1.出生
  (1)父と母
  (2)嫡出子と嫡出でない子
  (3)離婚後300日以内の出生子
  (4)出生子が称する氏と入籍する戸籍
  (5)その他(名に用いる文字など)
 2.認知
  (1)認知の種類
  (2)認知の効果
  (3)認知の要件
第3 縁組・離縁(縁氏続称)
 1.縁組
  (1)成立要件
  (2)届出人(縁組代諾者)
  (3)利益相反
  (4)氏と戸籍の変動
  (5)窓口でのケースごとの説明
 2.離縁(縁氏続称)
  (1)離縁の種類と要件
  (2)届出人(離縁協議者)
  (3)利益相反
  (4)氏と戸籍の変動
第4 婚姻・離婚(婚氏続称)
 1.婚姻
  (1)成立要件
  (2)婚姻の効果
  (3)氏と戸籍の変動
 2.離婚(婚氏続称)
  (1)離婚の種類
  (2)離婚の効果
  (3)氏と戸籍の変動
第5 入籍
  (1)入籍の種類
  (2)民法上の氏の見つけ方
  (3)総合事例問題 1題
  (4)離婚と入籍が絡んだ事例問題 1題

〜苦手実務の克服〜
第6 渉外戸籍の基本
渉外戸籍の「いろは」と、渉外戸籍全般にかかわることを学ぶ
 1.そもそも渉外戸籍とは
 2.実質的成立要件と形式的成立要件
 3.国際私法と準拠法
 4.本国法の決定
 5.常居所の認定
第7 渉外戸籍の基本(各論)
渉外戸籍各論の準拠法を中心に、窓口ケースを挙げながらわかりやすく学ぶ
【はじめに】準拠法適用の形態
 1.実親子関係(嫡出、非嫡出親子関係・認知・準正)
 2.養親子関係(養子縁組・養子離縁)
 3.夫婦関係と夫婦間の子(婚姻・離婚・親権)
 4.その他の親族関係等(姻族関係終了など)
 5.相続・遺言
 6.後見
 7.(参考)外国における裁判

第8 質問回答コーナー
事前にいただいたご質問にお答えします。詳しくは担当課までご連絡ください。
講師プロフィール ※PDFをご覧ください。
対象 ●地方自治体職員のご担当者
備考 【お申込みの流れ】

@このWEBサイトよりお申込みください。折り返し請求書をご連絡担当者様へお送りします。
(領収書は振込金受領書をもって代えさせていただきます)

A開催日の3営業日前までを目途に、「受講用URL」を、登録いただいたメールアドレスへ送信します。
テキストは製本版を発送いたします。

BZoomの視聴環境をご用意いただき、開始時刻となりましたら受講用URLより入場ください
【必要備品・受講環境・キャンセルの取り扱いについて】

@必要備品は、パソコン もしくは タブレットのみです。(Zoomアカウント不要)
タブレットをご利用の方は、事前にZoomアプリのインストールをお願いします。

A受講者はカメラ・マイク不要(任意)です。

BZoomを初めて使用される方は、https://zoom.us/testで、接続テストをお願いします。

■表記参加料は1名分です。1名分でのお申込みに対して複数名での視聴は固くお断りいたします。
 録音・録画・資料複製につきましても、著作権保護の観点からお断りいたします。

■キャンセルされる場合は必ずご連絡ください。
 開講日の5営業日前から、またはURL発送後やテキスト到着後のキャンセルについては
 参加料の100%を申し受けます。

■当日受講用URLに入場されなかった場合、及び貴庁の通信不具合等による
 視聴遅滞・中断の場合も、返金できかねます。恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

※当日は「戸籍六法」または「戸籍実務六法」、「全訂誤字俗字・正字一覧」(日本加除出版 平成22年全訂版)のをお持ちください。
会場 任意
問合せ先 企画研修グループ
電話番号 052-957-4172
FAX番号 052-952-7418
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み