セミナー詳細

セミナー名 【行政管理講座】  
地方公営企業の消費税・会計処理実務
開催日時 2021年10月20日(水)13:00〜17:00
2021年10月21日(木) 9:30〜16:30
講師 公認会計士・税理士    都井 清史 氏
会員参加料(税込) 31,900円
一般参加料(税込) 35,200円
ねらい ※こちらは「会場参加」用のお申込みページです。
 オンライン中継参加をご希望の方は下記より詳細をご確認ください。

 
 地方財政は、厳しい状況が続く中で公会計改革が進められ、地方公営企業の経営の健全化が特に課題となっており、経営状況の的確な把握のた め、適正な会計処理がより一層求められています。  地方公営企業の会計処理において、消費税の制定、税率・特例措置等の改正および地方消費税の創設などに伴う会計処理は、最も難解な事務の一 つであり、十分に理解しておかなければ過払いとなる場合もございます。  本講座では、改正に伴う、消費税の枠組(全体像)と特定収入および補てん財源のマスターを目標として、設例演習を交えながら、複雑な消費税 会計の処理実務をわかりやすく解説いたします。  時節柄ご多忙の折とは存じますが、この機会に関係者の方々多数のご参加をお勧め申しあげます。
プログラム内容 1.消費税の概要
 (1)課税対象
 (2)非課税取引
 (3)納税者義務
 (4)免税業者・簡易課税制度
 (5)帳簿の記帳・保存

2.仕入に係わる消費税額の特例
 (1) 特定収入とは何か
 (2) 特定収入以外の収入とは何か
 (3) 特定支出とは何か
 (4) 特定支出以外の支出とは何か
 (5) 特定支出にあてるための収入は特定収入以外の収入
 (6) 借入金収入と借入金返済のための補助金との関係

3.付加税収入の使途の特定

4. 特定収入がある場合の仕入税額控除〜個別対応方式と一括比例配分方式〜

5. 補てん財源〜資本的終始調整額の意味〜

※制度改正の動向等により、プログラム内容が変更となる場合がございます。
講師プロフィール 公認会計士・税理士 都井 清史 氏

1981年:公認会計士2次試験合格後、すぐに会計士試験予備校の講師となる
1983年:神戸大学経営学部会計学科卒業
1988年:総合商社・外資系監査法人を経て、公認会計士登録後独立
その後、日本公認会計士協会 非営利法人委員会公益法人会計監査専門部会専門員を経て、
総務省公益法人会計基準実施検討委員会委員、
(財) 川崎市まちづくり公社幹事、
対象 地方公営企業の経理・財務担当者の方々 、監査委員事務局の方々
※ご受講の皆様へ ※当日は、電卓を必ずご持参くださいませ。
会場 パピヨン24 3F会議室
福岡市博多区千代1-17-1 西部ガス本社ビル
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 092-633-2222
問合せ先 企画研修G
担当者 浅井
E-Mail kyu-semi@noma.or.jp
電話番号 092-431-3365
FAX番号 092-431-3367
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み