セミナー詳細

セミナー名 【行政管理講座】 
徴収事務を実務的にマスターするシリーズ1
国税徴収法・地方税総則の解説
開催日時 令和3年6月14日(月)13:00〜17:00
令和3年6月15日(火) 9:30〜16:30
講師 税理士 小山 紀久朗 氏
会員参加料(税込) 31,900円
一般参加料(税込) 35,200円
ねらい ※こちらは「会場参加」用のお申込みページです。
 オンライン中継をご希望の方は下記より詳細をご確認ください。

 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 徴収事務に関わる職員が、円滑かつ的確な徴収事務を進めていくためには、十分な知識と熱意が必要となります。
「徴収事務を実務的にマスターするシリーズ」は、全9回にわたって徴収事務を学んでいくシリーズです。
 第1回は、徴収職員の基本を再認識いただくため「国税徴収法・地方税総則」にテーマを絞り、わかりやすく解説いたします。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
プログラム内容 1.国税徴収法
 1.総説
 2.財産の調査
 3.財産の差押え
 4.強制換価手続の競合
 5.差押財産の換価及び配当
 6.納税義務の拡張
 7.納税の緩和制度

2.地方税総則
地方税総則のうち、滞納処分に関する部分について解説します。

本講座は徴収事務の実務のうち「国税徴収法」「地方税総則」にテーマを絞って解説いたします。
徴収事務全般について広く解説するものではございません。


***「徴収事務を実務的にマスターするシリーズ」令和3年度 開催予定***
 1: 6 月14日(月) 〜15日(火) 国税徴収法・地方税総則の解説
 2: 7 月 1 日(木) 〜 2 日(金) 財産調査
 3: 8 月26日(木) 〜27日(金) 債権差押え・倒産処理手続と滞納処分
 4: 9 月 9 日(木) 〜10日(金) 交付要求・参加差押え
 5:10月19日(月) 〜20日(火) 納税の緩和措置・連帯納税義務・納税義務の承継
 6:11月 8 日(月) 〜 9 日(火) 第二次納税義務
 7:12月 9 日(木) 〜10日(金) 滞納処分と強制執行等との手続の調整に関する法律(滞調法)の解説
 8: 1 月17日(月) 〜19日(水) 差押財産換価事務の進め方
 9: 2 月 3 日(木) 〜 4 日(金) 滞納処分ができない債権の回収

講師プロフィール 小山 紀久朗氏
平成7年  東京国税局徴収部訟務官室長
平成8年  船橋税務署長
平成9年  王子税務署長
平成10年 税理士開業
平成11年〜17年
     株式会社整理回収機構執行役員相談室長
平成19年〜平成22年
     内閣府 官民競争入札監理委員会専門委員
平成27年4月〜
     八千代市固定資産評価審査委員会委員
現在、税理士として幅広く活躍中。
対象 地方自治体で徴収事務に携わる職員の方々
※こちらは「会場参加」用のお申込みページです。
 オンライン中継をご希望の方は下記より詳細をご確認ください。
 
会場 日本経営協会内専用教室
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8(セミナー受付は3階です)
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 03-3403-1891
問合せ先 企画研修グループ
担当者 辻川
E-Mail tks-mousikomi@noma.or.jp
電話番号 03-3403-1891
FAX番号 03-3403-1130
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み