セミナー詳細

セミナー名 【医療機関向けセミナー】
看護部門のための
人材育成ビジョンに基づく効果的な研修構築の手法
開催日時 2020年9月5日(土)10:00〜17:00
講師 大手前大学 国際看護学部 講師 笠松 由利 氏
会員参加料(税込) 23,100円
一般参加料(税込) 26,400円
他参加料 同一病院から同じセミナーにご参加の場合、
2名様ご参加でお一人2,2000円(税込)
3名様以上でお一人3,300円割(税込)割引いたします。
ねらい  全ての看護師に共通する看護実践能力の開発や評価のために、多くの医療機関でクリニカルラダーの導入が進んでおります。しかし、ラダーを導入したものの管理や評価が難しく、またどのように自院に即して活用すればよいかわからない、という教育ご担当者様も多いのではないでしょうか。
 本セミナーでは、看護師の能力開発や看護部門の組織活性化につながる人材ビジョンや教育研修とは何か、看護部門の教育研修・人材開発に従事してきた講師の経験を踏まえて解説いたします。その上で、クリニカルラダーを研修に活用することの有効性を考えながら自院独自の人材育成ビジョンを検討する重要性を示し、教育・研修を体系的に構築するための手法を、グループワークを通して学んでいただきます。
プログラム内容 1.教育研修とは何か?
 (1)教育研修の昔と今
 (2)研修内製化の時代
 (3)組織文化の継承の重要性

2.組織の人材育成ビジョン
 (1)組織の人材育成ビジョンはあるか?
 (2)必要なのは人材育成ビジョンに基づく研修
 (3)今までの標準ラダーとの違い

3.こんな研修あったらいいな!
 (1)インストラクショナルデザインって何?
 (2)ワクワクする研修を組み立てよう!

4.プレゼンテーションとまとめ
 (1)各グループのプレゼンテーション
 (2)まとめ


【担当講師より】
 皆さんの施設では、研修での学びが実践で活用されているでしょうか?研修のゴールは、「学んだことを実践で活用する」ことですが、これが上手くいかないと困っていらっしゃる病院はないでしょうか?
 看護部の人材育成ビジョンに基づく研修企画の有効性、研修と病院のビジョンとの関連、研修体系の構築方法について、一緒に考えてみませんか?
講師プロフィール 大手前大学 国際看護学部 講師 笠松 由利 氏

 大学病院に就職し、病棟主任、病棟師長、看護師長を経験。師長時代に経営学を学んだところ、管理のおもしろさに気付き、神戸市看護大学大学院へ進学。『管理においては、人育てが最優先』と考えており、大学院ではキャリア開発を専攻している。
 神戸市看護大学大学院修士課程を卒業し、現在は同大学院博士後期課程に在籍中。兵庫医科大学病院 看護部教育担当次長を経て大学教員となり、教育の楽しさを多くの人に知ってもらいたいという夢を追っている。
対象 ・看護部門の師長、教育ご担当者様
備考 ※当日は、自院の研修企画書など年間計画や内容がわかるものをご持参ください。
会場 関西本部
大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センタービル
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 06-6443-6962
会場FAX番号 06-6441-4319
問合せ先 企画研修G
担当者 田中
E-Mail y-tanaka@noma.or.jp
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み