セミナー詳細

セミナー名 広報担当者の基本実務
開催日時 2020年5月20日(水)10:00〜17:00
講師 株式会社ハーバーコミュニケーションズ  代表取締役
五十嵐 寛
会員参加料(税込) 33,000円
一般参加料(税込) 38,500円
他参加料 同一企業(団体)から2名様以上でご参加の場合は、1名様につき2,200円(税込)割引いたします。
ねらい 広報担当者として身につけておくべき基本的な実務について、事例をもとに具体的・実践的に解説いたします。
プログラム内容 T.広報とは
 1.広報とは
  (1)広報の業務内容
  (2)広告と広報の違い
  (3)広報で押さえるべき3つのポイント
 2.広報と広報担当者の役割


U.報道対応(メディアリレーションズ)
 1.報道対応(メディアリレーションズ)とは
  (1)報道対応の重要性
  (2)ニュースとは
  (3)メディアと記者
  (4)報道対応の受けと攻め 〜 売り込みから取材対応まで
  (5)報道対応の勘所
 2.ニュースリリースの書き方
  (1)「なぜニュースなのか」を書く
  (2)揃えるべき基本情報
  (3)体裁と校正
  (4)知っておきたい文章術
  (5)リードは未然形で終わらせる
 3.演習T
  ・記者が好むリリース作りのエッセンスを実践から学ぶ
 4.演習U(グループディスカッション)
  ・こんなときどうする!? 〜 報道対応○×クイズ


V.危機管理広報
 1.昨今の危機管理&メディア事情
 2.危機管理の大原則
 3.危機管理広報とは
 4.マスコミ対応の要諦(初動対応と平時からの準備)
 5.演習V(記者対応シミュレーション)
  ・架空のシナリオに基づき、記者役との質疑応答


W.質疑応答

講師プロフィール 1994 年神奈川大学経営学部国際経営学科卒業(広報専攻)。
潟vラップジャパン入社。企業広報を中心に商品広報、危機対応広報などを担当。
2001 年ヒルアンドノウルトンジャパン鞄社。
企業広報のコンサルティングのほか、クライシス・コミュニケーションやメディア・トレーニン
グを担当。2004 年フリーの広報コンサルタントとして独立。2006 年潟nーバーコミュニケー
ションズを設立、代表取締役。
<著書>
『実践マニュアル 広報担当の仕事 すぐに役立つ100 のテクニック』
『実践マニュアル 危機管理と広報 クライシス・コミュニケーションの100 のポイント』
  共に東洋経済新報社刊 等
対象 広報関連部門の方
会場 日本経営協会 中部本部
名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル10F
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 052-957-4172
会場FAX番号 052-952-7418
問合せ先 企画研修グループ
担当者 江尻 あゆみ
電話番号 052-957-4172
FAX番号 052-952-7418
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み