セミナー詳細

セミナー名 キャッシュ・フロー経営と資金繰り改善の実務
開催日時 2020年3月6日(金)10:00〜17:00
講師 公認会計士 岡本 匡央 氏
会員参加料(税込) 33,000円
一般参加料(税込) 38,500円
ねらい 〜〜財務体質の改善・強化ポイントについて演習を交えて解説〜〜

 資金繰りは規模の大小を問わず、あらゆる企業の経営において重要な要素の一つです。企業が将来にわたり事業を継続させるためには、利益管理だけではなく、経営上の観点から資金管理を徹底し、財務体質を改善・強化してキャッシュ・フロー重視の経営へと転換することが必要です。
 本セミナーでは、企業の資金の流れに関する基本と、キャッシュ・フロー計算書の読み方をご理解いただき、資金繰り表や資金運用表などの見方とその活用方法を習得していただきます。そのうえで、経営判断に役立つ資金管理の考え方や、キャッシュ・フロー経営へと転換するための財務体質改善ポイントについて、実務に即した問題演習などを交えながら解説いたします。
プログラム内容 1.資金繰りとは
 (1) なぜ「資金繰り」が重要なのか
 (2)「運転資金」とは
 (3) 経営者は「会計」に詳しくなくとも「資金繰り」には敏感

2.キャッシュ・フロー計算書 〜会社のお金の流れの基本〜
 (1)「キャッシュ」とは何か
 (2) なぜ損益計算書だけではダメなのか
 (3) 勘定合って銭足らず(キャッシュは正直)
 (4) 営業活動、投資活動、財務活動
 (5) 直接法と間接法
 (6) 減価償却でお金が増えるのか
 (7) 8つのパターン
 (8) ケーススタディ

3.資金繰りの実際 〜日次・月次・年次で考慮すべきポイント〜
 (1) 資金繰り表
 (2) 資金運用表
 (3) 営業活動CFはどうあるべきか
 (4) 投資活動CFはどうあるべきか
 (5) 財務活動CFはどうあるべきか
 (6) ケーススタディ

4.資金管理活動の分析 〜より良い財務活動のために〜
 (1) キャッシュ・コンバージョン・サイクル
 (2) 回転期間分析
 (3) 比率分析
 (4) ケーススタディ
講師プロフィール 2003年大阪大学経済学部を卒業。中央青山監査法人(後のみすず監査法人)、有限責任監査法人トーマツにおいて、多岐にわたる業種、グローバル企業から中小企業までの会計監査・財務調査・内部統制構築支援等の業務に従事。2012年岡本公認会計士事務所を開設。現在は、ネクサス監査法人のパートナーを務めるほか、連結財務諸表作成支援、経営アドバイザリー、事業再生支援、株式価値評価、原価計算構築支援等の各種業務を行っている。また、公認会計士試験予備校での受験指導にも定評がある。
備考 ※演習を行いますので、電卓をご持参ください。
会場 関西本部
大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センタービル
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 06-6443-6962
会場FAX番号 06-6441-4319
問合せ先 企画研修G
担当者 佐々木
E-Mail sasakia@noma.or.jp
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み