セミナー詳細

セミナー名 危機管理広報の実務
開催日時 2020年3月11日(水)10:00〜17:00
講師 広報コンサルタント
日本リスクマネジャー&コンサルタント協会 理事
有限会社シン 取締役社長
石川 慶子 氏
会員参加料(税込) 33,000円
一般参加料(税込) 38,500円
他参加料 同一企業(団体)から2名様以上でご参加の場合は、1名様につき2,000円(税抜)を割引いたします。
ねらい 緊急時におけるメディアのミスリードを防ぎ、自社(団体)の意図する情報を適切に伝えるための
要点・技法を、最近の事例や模擬記者会見の演習を交えて実践的に解説いたします。
プログラム内容 はじめに
 ・リスクマネジメントと危機管理
 ・初動3原則
 ・公式見解(ポジションペーパー)の用意
 ・自社ホームページの更新(公式見解の掲載等)
 ・事例研究

T 緊急時における記者の特性と具体的対応
 ・緊急時に集まる記者の部署と、それぞれの性質・関心
 ・一般社員が記者に取材を受けた場合
  〜路上インタビューへの対応〜
 ・記者を怒らせるNGワードと適切な言い回し
 

U 緊急記者会見の準備と進め方
 1.どのような場合に緊急記者会見を開くべきか
   〜会見を開くめやす〜

 2.想定質問の作成と情報共有化
   ・必ず受ける質問
 3.準備の際の注意事項
   ・適切な時間配分と適切な会場とは
   ・案内状の内容と送付先、送付時期
   ・ぶら下がりを防ぐ方法
   ・配布資料の内容 等
 4.会場設営の適切なレイアウト
   ・ドアの数
   ・会見者と記者とのテーブルの距離
   ・対カメラマン用のスペース
   ・受付の場所
   ・自社スタッフの配置 等
 5.進行のポイント
   ・発表者の人選・役割分担の注意事項
   ・進行(司会者)の注意事項 等
 6.会見で「しなければならないこと」「してはいけないこと」
 7.表現力を上げる(相手に伝える)テクニック
   ・印象を良くする姿勢・服装
   ・好感をもたれるアクション
   ・目・手・足の動きをめぐる注意
   ・声の高さとスピード

V 模擬記者会見(グループワーク)
 ・シナリオ作成
 ・ステークホルダマップ作製
 ・方針策定
 ・ポジションペーパー作成
 ・想定問答作成
 ・模擬記者会見実施
 ・振り返り

<名刺をご持参ください>
※交流のために使用します。
※演習で行う撮影に写りたくない方は事前にご連絡ください。

講師プロフィール ※PDFファイルをご参照ください
対象 広報関連部門の方 経営層の方
会場 日本経営協会 中部本部
名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル10F
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 052-957-4172
会場FAX番号 052-952-7418
問合せ先 企画研修グループ
担当者 江尻 あゆみ
電話番号 052-957-4172
FAX番号 052-952-7418
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み