セミナー詳細

セミナー名 【病院・医療機関対象/新規開講】
医療機関における外国人患者の受入れの進め方と留意点
〜受け入れ態勢整備・多職種連携・未収金対策などトラブル予防と対応策を学ぶ〜
開催日時 2020年02月21日(金)10:00〜16:00
講師
東京医科歯科大学 医学部附属病院
国際医療部 副部長 二見 茜 氏

会員参加料(税込) 27,500円
一般参加料(税込) 30,800円
他参加料 早割・複割について【最大4,400円割引】
・早割(早期申込割引)お申込みされた講座のうち、開催日がお申込み日より2ヵ月以上先の
 講座について参加料を1講座1名あたり2,200円(税込)割引させていただきます。
・複割(複数申込割引)複数講座並びに1講座に複数名のお申込みで、
 参加料を1名あたり2,200円(税込)割引いたします。(ただし、同時にお申込みの場合に限ります)
ねらい  近年、訪日・在留外国人の増加に伴い、医療機関を受診する外国人患者も増加傾向にあります。受入れ環境が整っていなくても応召義務により受け入れなければならないため、言語の違いによる意思疎通や医療費に関するトラブルなど不安を抱えている医療機関も多いことと思います。
 本セミナーでは、外国人患者受入体制の整備から携わってきた講師より、患者対応に必要な知識やトラブルになりやすい問題に焦点を絞り、開催いたします。この機会に、関係各位の積極的なご参加をおすすめ申し上げます。

◆本セミナーのポイント
 ポイント1 外国人患者受入れの基礎知識と最新の動向が学べます。
 ポイント2 具体的事例を元に外国人患者受入時に留意すべきポイントを解説します。
 ポイント3 ケーススタディ、ディスカッションを通じて、理解を深めていただきます。

プログラム内容
1. 知っておきたい外国人患者対応の基礎知識

(1)外国人患者増加の背景
(2)オリンピック・パラリンピックに向けて準備しておきたいこと
(3)東京医科歯科大学における外国人患者受入れ体制整備
(4)外国人患者対応における多職種連携

2. 未収金対策

(1)未収金トリアージを用いた未収金リスクアセスメント
(2)事例で学ぶ未収金対策
(3)海外旅行保険を利用した手続き方法
(4)滞在資格(ビザ)の種類と確認方法
(5)外国人が使える社会保障

3. 文化・宗教への対応

(1)事例で学ぶ文化・宗教への対応
(2)多文化対応能力(Cultural Competency)

4. 医療安全とコミュニケーション

(1)医療通訳サービス導入の前に知っておきたいこと
(2)翻訳資料の作り方
(3)訴訟・トラブルの予防と対策

5.まとめと質疑応答


講師プロフィール
東京医科歯科大学 医学部附属病院
国際医療部 副部長 二見 茜(ふたみ・あかね)氏

 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科修士課程(医療管理政策学)卒業。国立研究開発法人国立国際医療研究センターを経て2018 年に東京医科歯科大学 医学部附属病院で国際医療部を開設、現在に至る。人間ドック情報管理指導士(人間ドックアドバイザー)。

対象
 ●病(医)院の院長・責任者の方々
 ●事務長、総務部門、医事部門の方々
 ●外国人患者対応の方々

会場 一般社団法人日本経営協会 東京本部
東京都渋谷区千駄ヶ谷3−11−8
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 03-3403-1972
会場FAX番号 03-3403-8417
問合せ先 企画研修グループ
担当者 川島 武士
E-Mail tms@noma.or.jp
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み