セミナー詳細

セミナー名 IT統制の実務入門
〜内部統制報告制度(J-SOX)における〜
開催日時 2019年6月6日(木)10:00〜17:00
講師 (株)レキシコム 代表取締役/公認会計士
システム監査技術者  
中原 國尋 氏

会員参加料(税込) 32,400円
一般参加料(税込) 39,960円
他参加料 ※早割・複割について【最大4,320円割引】
・早割(早期申込割引)お申込みされた講座のうち、開催日がお申込み日より2ヵ月以上先の講座に
 ついて参加料を1講座1名あたり2,160円(税込)割引させていただきます。
・複割(複数申込割引)1講座に複数名のお申込みで、参加料を1名あたり 2,160円(税込)割引いたします。(同時にお申込みの場合に限る。)
ねらい  一般に、業務プロセスで生じたデータが最終的に財務報告のための情報として生成されるまで、広くITを用いて処理されています。ITを用いてどのようにコントロールするか、ITが適切に使用できるように如何に管理するのかは、企業活動を行う上でも重要な論点です
 本セミナーでは、内部統制報告制度の目的や背景について再確認するところから、内部統制の基本的要素の一つである「ITへの対応」について基本的理解を進めるとともに、有効なIT統制評価が行えるようになることを目標とします。さらに、データを利用した監査技法であるCAATや、RPAを適用した業務への対応、その他最近取り沙汰されている情報技術に関連したIT統制への対応まで、最新の情報を交えながら具体的な対応策等についてわかりやすく解説します。

プログラム内容 1.内部統制報告制度の概要
  (1) 内部統制の目的
  (2) 内部統制の構成要素
  (3) 内部統制報告制度(J-SOX)の対象

2.IT統制の基本的な考え方
  (1) IT統制の意義
  (2) IT統制が内部統制の有効性評価に与える影響

3.ITに係る全般統制
  (1) ITに係る全般統制の意義
  (2) ITに係る全般統制の具体的内容
    @ システムの開発、保守
    A システムの運用・管理
    B 内外からのアクセス管理などのシステムの安全性の確保
    C 外部委託に関する契約の管理
  (3) ITに係る全般統制の評価
  (4) ITに係る全般統制の実務的な課題

4.ITに係る業務処理統制
  (1) ITに係る業務処理統制の意義とITに係る全般統制との関係
  (2) ITに係る業務処理統制の具体的内容
  (3) ITに係る業務処理統制の評価
  (4) ITに係る業務処理統制の実務的な課題

5.CAAT(Computer-Assisted Audit Techniques)の基礎
  (1)CAATの意義
  (2)CAATの利用局面と適用方法
  (3)CAAT事例の紹介

6.その他の論点
  (1)RPAとIT統制
  (2)不正対応に関する論点

  (3)IT統制の不備による影響

※最新の動向・情報を織り込むため、内容を一部変更させていただく場合がございます。

講師プロフィール (株)レキシコム 代表取締役/公認会計士
システム監査技術者
中原 國尋 氏


中央大学大学院商学研究科博士前期課程修了。
大手監査法人にて銀行・商社・サービス業・製造業等の会計監査・システム監査・及びSOX法対応支援業務に従事。
現在は内部統制関連業務、業務改善コンサルティング、システム監査、システム導入支援等を中心に、各社のコンサルティングをはじめ研修、執筆、講演等に活躍中。
中央大学専門職大学院特任教授、青山学院大学大学院客員教授、日本公認会計士協会IT委員会監査IT対応専門委員、IT教育専門委員等を歴任。
主  著-------------
「内部監査のためのデータ監査技法」(共訳・第一法規 2007年)
「図解でわかる内部統制の評価」(共著・TAC出版 2009年)

対象 内部監査部門、情報システム部門の方々、経営企画部門、
総務部門の方々
会場 日本経営協会 東京本部
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 03-3403-1972
会場FAX番号 03-3403-8417
問合せ先 企画研修グループ
担当者 緒方 晋也
E-Mail tms@noma.or.jp
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み