セミナー詳細

セミナー名 ROE/ROAを向上させる物流コスト削減と物流評価指標の導入
開催日時 平成30年8月30日(木)13:00〜17:00
講師 物流・貿易研究所 代表
通関士、ロジスティクス管理2級(JAVADA)、三級海技士(航海)
AIBA貿易アドバイザー(ジェトロ認定貿易アドバイザー)
木村 徹

会員参加料(税込) 27,000円
一般参加料(税込) 34,560円
他参加料 ※早割・複割について【最大4,320円割引】
・早割(早期申込割引)お申込みされた講座のうち、開催日がお申込み日より2ヵ月以上先の講座に
 ついて参加料を1講座1名あたり2,160円(税込)割引させていただきます。
・複割(複数申込割引)1講座に複数名のお申込みで、参加料を1名あたり 2,160円(税込)割引いたします。(同時にお申込みの場合に限る。)
ねらい  企業の経営効率を示す重要な指標として「ROE」や「ROA」が注目されていますが、利益の最大化、利益率の向上、ブランドの強化、収益構造改革、資産効率など、「ROE」や「ROA」を向上させるために、企業では様々な事業戦略や財務戦略が練られているのではないでしょうか。
 今、その戦略の一つとして“物流”が重視されています。
 本セミナーでは、「ROE」や「ROA」を向上させるうえで自社の物流をどのように変革すべきか、物流コスト削減や在庫の適正化をどう進めていくべきか、また、どうしたら物流管理指標をうまく運用できるのかについて解説いたします。
プログラム内容 1.ROE/ROAを向上させるために、なぜ物流コスト削減なのか
 (1)ROE(Return on Equity)と、ROA(Return on Asset)
 (2)ROE/ROAと物流の関係
 (3)他社の動向

2.物流コストとは何か
 (1)そもそも物流とは何か?
 (2)物流コストとは
 (3)適正な物流コストとは

3.物流コスト削減策を考える
 (1)物流コスト削減策のポイント
  ・自社物流
  ・アウトソーシング
  ・コスト分類方法
 (2)物流コスト削減策
  ・他社はこれを行っている
 (3)物流コストを削減させるためのステップ

4.在庫の適正化
 (1)在庫適正化の進め方
  ・在庫削減
  ・在庫リスクと改善

5.物流評価指標の導入
 (1)物流評価指標とは何か
 (2)物流評価指標の導入
  ・物流コスト削減
  ・CSR向上  ほか
まとめ・質疑応答
講師プロフィール 物流・貿易研究所 代表
木村 徹

通関士、ロジスティクス管理2級(JAVADA)、三級海技士(航海)、AIBA貿易アドバイザー(ジェトロ認定貿易アドバイザー)

大手倉庫会社での通関・国際物流営業・海外引越等の経験、米国系メーカーでのロジスティクスの経験、 欧州系物流企業でのサプライ・チェーン・マネージメントの経験を生かし、日本関税協会、大手商社、JETRO(日本貿易振興機構)、JILS(日本ロジスティクスシステム協会)、大学等で物流・貿易・通関に関する講演や講義で活躍のほか、物流と貿易の専門コンサルタントとして活動中。

≪主な著書≫----------
「いますぐ現場で役立つ物流実務のノウハウ」(2012年4月刊/秀和システム社刊)
「速習!重要事項35でマスターする貿易実務」(2012年12月刊/秀和システム社刊)
「2時間で丸わかり 物流の基本を学ぶ」(2014年11月刊/かんき出版社)
「物流がよ〜くわかる本」(2016年8月刊/秀和システム社刊)

対象 物流部門、経営企画部門、経理部門
会場 日本経営協会 東京本部
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 03-3403-1972
会場FAX番号 03-3403-8417
担当者 石塚 幸隆
E-Mail isizuka@noma.or.jp
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み