セミナー詳細

セミナー名 【医療機関向けセミナー】
1からはじめる病院管理会計講座
開催日時 平成30年7月13日(金)10:00〜16:00
講師 千里リハビリテーション病院/橋本病院
総括事務長 池田 吉成 氏
会員参加料(税込) 27,000円
一般参加料(税込) 30,240円
ねらい  病院の経営改善は、さほど難しいものではありません。病床稼働を高め、費用を適正化する、いたってシンプルな構造だからです。ただし、何で病床を埋めるのか、どれくらいの費用が適正か、といった分析や判断には何らかのツール(道具)が必要となるでしょう。管理会計はこういった経営課題に取り組むための道具です。バットやグラブを使いこなすように、管理会計をうまく使える病院は、マネジメントでも勝利を収めることができるはずです。
 本セミナーでは、医療機関の経営強化・改善のための管理会計手法を、基本的な考え方から学んでいただきます。原価計算や損益分岐点分析といった小難しく感じる手法を、実際の道具として活かすために、基礎からわかりやすく解説いたします。
プログラム内容 1.病院管理会計はじめの一歩
 (1)病院事業の構造を知る
   @医業収益と医業費用
   A外来、入院などの事業別収益
 (2)収益の特性を理解する
   @診療報酬制度という診療単価
   A地域医療ニーズに沿った患者数
 (3)費用の特徴を理解する
   @損益計算書を使う(病院会計準則)
   A固定費と変動費に整理する
 (4)病院経営の法則
   @利益創出のための病床稼働
   A損益分岐点分析で稼働と単価、利益の関係を把握する

2.診療科・病床機能の組み合わせ
 (1)収益性と医療ニーズによる事業ポートフォリオ
 (2)診療科・病床機能ごとの収益性
   @段階利益の知識
   A限界利益の考え方と使い方
 (3)診療科別損益計算
   @原価計算・診療科別損益計算の目的
   A実用的な診療科別損益計算

3.コスト低減へのチェックポイント
 (1)何から手をつけるべきか
   @ベンチマーク分析であたりをつける
   A感度分析で優先順位を決める
 (2)事務系が主導するコスト削減
   @人件費と委託費
   A水道光熱費、広告宣伝費、経費
 (3)現場と握る費用対効果
   @材料費
   A設備費(減価償却費、リース費)

4.実行と成果の管理
 (1)成果管理(モニタリング)の重要性
 (2)モニタリングの実務
   @タイミング:会議体を利用する
   A資料作成:KPI(重要指標)を浮き彫りにする
講師プロフィール 千里リハビリテーション病院/橋本病院
総括事務長 池田 吉成 氏

 早稲田大学卒業後、JR西日本を経てトーマツへ。病院経営戦略や新病院基本構想の策定、BSC・管理会計制度構築支援等を実施。その後、政府系再生ファンドである企業再生支援機構にて、病院や介護施設の再生マネジメントを担当、現場経営に携わる。現在は、千里リハビリテーション病院および橋本病院の総括事務長として、マネジメント全般、教育、業務プロセス構築等を行っている。また、立命館大学ビジネススクールにて講師も務めている。
会場 関西本部
大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センタービル
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 06-6443-6962
会場FAX番号 06-6441-4319
問合せ先 企画研修G
担当者 田中
E-Mail y-tanaka@noma.or.jp
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み