セミナー詳細

セミナー名 問題社員に対する実務対応コース
開催日時 平成29年11月08日(水)10:00〜16:30
講師 石嵜・山中総合法律事務所 弁護士
安藤 源太 氏

会員参加料(税込) 32,400円
一般参加料(税込) 37,800円
他参加料 早割・複割について【最大4,320円割引】
・早割(早期申込割引)お申込みされた講座のうち、開催日がお申込み日より2ヵ月以上先の
 講座について参加料を1講座1名あたり2,160円(税込)割引させていただきます。
・複割(複数申込割引)複数名のお申込みで、
 参加料を1名あたり2,160円(税込)割引いたします。
 (ただし、同時にお申込みの場合に限ります。)
ねらい  人事・労務担当者にとって、『問題社員』への対処は、今や、主要な業務の一つとなっていますが、
一方で、多大な労力を費やし、神経もすり減らすという非常に負担の大きな難しい業務ともいえます。
 本セミナーでは、特に近年多くみられる『問題社員』の類型として、メンタルヘルス問題を抱える社員
や勤務態度不良、セクハラ・パワハラといった企業秩序を乱す社員、能力不足社員や私生活上のトラ
ブルを起こす社員などを中心に、現代的な特徴も意識しながら、法的な整理にとどまらず、具体的な
実務上の予防策(就業規則等の整備など)、事後対応について、解説・指導いたします。

参加者の声
・実例などあげて頂いたので、非常にわかり易かった。
・解雇の判断基準が印象に残った。
・問題となる事実とその改善・指導が必要であることを改めて感じた。
・新卒入社の能力不足社員の対応策についてもっと聞きたかった。
・安全配慮義務に対する企業側の対応がいかに大事かということが良くわかった。

プログラム内容 1.はじめに

 1)問題社員とは
 2)労働者が負う義務とは
 3)典型的な問題社員の類型
 4)現代型問題社員の特徴

2.問題社員に対する実務対応の基本

 1)解雇・雇止め
 2)解雇・雇止め以外の手段
3.【類型@】多様化するメンタル社員への実務対応

 1)メンタルヘルス問題の特徴と実務への影響
 2)メンタルヘルス問題における現代的傾向
 3)メンタル社員への基本的な実務対応
 4)現代型メンタル社員への実務対応

4【類型A】勤務態度不良・協調性欠如社員への実務対応

1)勤務態度不良・協調性欠如社員の特徴
2)勤務態度不良・協調性欠如社員への基本的な実務対応
3)現代型勤務態度不良・協調性欠如社員への実務対応

5.【類型B】セクハラ・パワハラ社員への実務対応

 1)近年のセクハラ・パワハラ問題の特徴
 2)セクハラ・パワハラ社員への基本的な実務対応
 3)実務対応で特に注意すべきポイント

6.【類型C】妊娠・出産・育児に関連する従業員トラブルへの実務対応
 1)妊娠・出産・育児等を契機とした処遇等の変更の必要性とそのリスク
 2)妊娠・出産・育児等を契機とした処遇等の変更を行う場合の実務上の注意点

7.【類型D】中途採用の増加とそれに伴う能力不足社員への実務対応
 1)能力不足社員は問題社員か
 2)中途採用の能力不足社員への実務対応

8.【類型E】私生活上でトラブルを起こす社員に対する実務対応
 1)刑事事件で逮捕・勾留された社員への実務対応
 2)インターネット上の掲示板・SNS等への書き込み社員への実務対応
 3)ストーカー社員への実務対応
 4)副業をする社員への実務対応

9.【類型F】その他の問題社員に対する実務対応
 1)失踪して連絡の取れない社員への実務対応
 2)服装・髪型に関する服務規律に違反する社員への実務対応
 3)個人情報や営業秘密を漏えいした社員への実務対応
 4)介護・育児問題を理由に転勤命令を拒否する社員への実務対応

講師プロフィール 石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 安藤 源太 氏
対象 経営者、人事労務総務担当役員
人事労務・総務庶務担当者・責任者
現場の管理・監督者
会場 一般社団法人 日本経営協会 セミナー室
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8
会場地図 会場地図はこちらをクリック
会場電話番号 03-3403-1972
会場FAX番号 03-3403-8417
担当者 内田 貴子
E-Mail uchida@noma.or.jp
パンフレット(PDF) パンフレットはこちらをクリック
戻る WEB申込み